新日本科学 が後場買い気配。9日、同社の投資先で米国ナスダック市場に上場するWaVe社が、ファイザー社と核酸治療薬の共同開発を行うことで合意したと発表した。ファイザーはWaVe社に対し、最大で総額9億1100万ドルと売上高に応じたロイヤリティーを支払うという。
ウェーブ・ライフ・サイエンシズ株価チャート

http://info.finance.yahoo.co.jp/us/chart/WVE
 
2016年05月13日16時00分

新日本科学、今期経常は赤字縮小へ

 新日本科学 <2395> が5月13日大引け後(16:00)に決算を発表。16年3月期の連結経常損益は52.6億円の赤字(前の期は1.5億円の黒字)に転落し、17年3月期は27.8億円の赤字に赤字幅が縮小する見通しとなった。

 同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を見送るとし、今期の年間配当は未定とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常損益は13.7億円の赤字(前年同期は0.7億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の5.5%→-13.7%に急悪化した。



5/24のプレス 

『独自に自社開発した紛体製剤を用いる経鼻製剤基盤技術(以下「本技術」)によるオキシトシン 1)経鼻剤の研究成果(以下「本成果」)が、米国メルク社との共著で、米国科学誌』に掲載、
で(おそらくオキシトシン経鼻剤の製品化で?)メルクとの提携思惑を書かれている人が居られるようです。実際のとこどこまで材料性ありますかね?

共著だからって製品化で提携とは限らないのでは?
まだ研究段階でこれから臨床試験とかで製品化提携出るの何年も先では?等など。