7 月24日~26日のあいだ東京ビックサイトで開催された太陽光発電の総合イベント「PV JAPAN2013」にて、米国オレゴン州政府駐日代表部のブースでは画期的な浄水システムが紹介されていた。
(参照:スウェーデン、汗から飲料水を作るマシンを開発)

Photo from 日本貿易振興機構

紹介されていた商品の名は「ソーラーバッグ」といい、オレゴン州にあるプラリテイクスという企業が開発したもの。なんと、泥水を太陽の光で飲み水に変えてしまうという画期的な商品なのである。

ソーラーバッグは小さな袋状になっており、中にはナノテクノロジー技術によってつくられたメッシュが入っている。この袋に泥水を入れて太陽の光にあてると、太陽光エネルギーによって5種類の化学反応が起き、水の中のバクテリアやウイルスを破壊できるのだという。時間は晴天であれば3時間ほどで3リットルの飲み水ができる。一つの袋で500回以上使えるということで、すでに50カ国以上で売られているそうだ。価格は80ドルほど。

袋になっていてかさばらないので、災害時やキャンプなどで活躍しそうな商品である。