泥水や濁った水を飲料水に変える方法

  1. 底を切り取ったペットボトルを、さかさまにしてつるす。
  2. そのペットボトルの中に小石・木炭(焚き火の燃え残り)、砂か小砂利、丸めたバンダナの順番で入れる。
    (一番下が小石、バンダナが一番上)
  3. フタに小さな穴をあける。
  4. 濁った水を入れる。
  5. たまった水を約10分間煮沸して、飲み水にする!

朝露を集める方法

  1. ひざ下にきれいな布を巻きつける。
  2. 朝露にぬれた草むらを歩き回り、布にしみこんだ水分をしぼりとる。

1時間で約1リットルはたまる。

 雨水を効率よく集める方法

  1. 防水布やシートを斜めにはる。
  2. おもりに石を一つのせる。
  3. おもりのすぐ近くに、水をためる容器を置く。
  4. 泥がはね返らないように、小石をしいておくとよい。

太陽熱蒸留法

  1. 地面に直径0.5~1mの穴を掘りビニールシートをかぶせ中央を凹ませる石を置く
  2. 中央から蒸発した水分がシート内側をつたってコップにたまる
  3. 穴の中には濡れた衣類や青草を入れる。いざとなったらオシッコだっていい!

青草を利用した方法

青々とした草をビニール袋に入れ太陽光の下に置いておくと、袋の底に草から蒸発した水分がたまる。

北米先住民族の知恵~インディアン井戸

にごった川や池のそばに穴を掘る。
最初はにごった水が出てくるが、時間が経つと澄んでくる!

※井戸の水位は川や池の水位と同じ高さまで上昇してくる。

 海水を蒸留する

  1. 大鍋に海水を入れ、中央にコップを置きぬらしたタオルで湯気がもれないようにパッキングして、海水を入れた中華鍋をのせ焚き火にかける。
  2. 沸いた海水から立ち上る湯気が中華鍋の底で冷やされ、鍋の底をつたわってコップにたまる。

この原理がわかっていれば、中華鍋のかわりにアルミホイルやその他の容器を使ってもできる!

 竹から水を得る方法

青竹の先端を大きく曲げ先端を切り、その下に容器を置く。
そのまま一晩たつと夜の間に滴り落ちた真水がたまる。