世界のニコTubeブログ

面白い動画など軍事テクノロジーやゲームを紹介するブログです。

2016年05月

新日本科学 <2395>

 新日本科学 が後場買い気配。9日、同社の投資先で米国ナスダック市場に上場するWaVe社が、ファイザー社と核酸治療薬の共同開発を行うことで合意したと発表した。ファイザーはWaVe社に対し、最大で総額9億1100万ドルと売上高に応じたロイヤリティーを支払うという。
ウェーブ・ライフ・サイエンシズ株価チャート

http://info.finance.yahoo.co.jp/us/chart/WVE
 
2016年05月13日16時00分

新日本科学、今期経常は赤字縮小へ

 新日本科学 <2395> が5月13日大引け後(16:00)に決算を発表。16年3月期の連結経常損益は52.6億円の赤字(前の期は1.5億円の黒字)に転落し、17年3月期は27.8億円の赤字に赤字幅が縮小する見通しとなった。

 同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を見送るとし、今期の年間配当は未定とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常損益は13.7億円の赤字(前年同期は0.7億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の5.5%→-13.7%に急悪化した。



5/24のプレス 

『独自に自社開発した紛体製剤を用いる経鼻製剤基盤技術(以下「本技術」)によるオキシトシン 1)経鼻剤の研究成果(以下「本成果」)が、米国メルク社との共著で、米国科学誌』に掲載、
で(おそらくオキシトシン経鼻剤の製品化で?)メルクとの提携思惑を書かれている人が居られるようです。実際のとこどこまで材料性ありますかね?

共著だからって製品化で提携とは限らないのでは?
まだ研究段階でこれから臨床試験とかで製品化提携出るの何年も先では?等など。


新日本科学【2395】

2015年8月19日
医薬品開発の受託研究機関である新日本科学【2395】は、同社が設立し、経営を支援していた核酸医薬ベンチャー関連会社(持分法適用会社)のWaVe Life Sciences Pte. Ltd.(以下「WaVe」) が、Foresite Capital、Fidelity Management and Research Company、RA Capital Management等をを引受先とする約82.5億円(US$66百万ドル)の第三者割当増資を実施したと発表した。

新日本科学は、基幹事業である医薬品の研究開発受託事業(CRO事業)に加えて、知財により収益を上げていく研究開発型のトランスレーショナルリサーチ事業(TR事業)にも注力しており、その一環として、核酸医薬領域のプラットフォーム技術を保有するWaVeを設立し経営を支援してきた。

WaVeは、昨年から今年1月にかけ、それまでに培った技術と研究成果を基に、更なる企業価値の向上を図るため、専門性を持った最高経営責任者(CEO)を採用し、鹿児島銀行等の出資により設立されたかごしま新産業創生投資事業有限責任組合などから、第三者割当増資による外部資金(計US$17.4百万)を調達している。

今回、WaVeが保有する核酸医薬に関わるプラットフォーム技術とパイプラインの整備を含む研究開発活動並びに研究スタッフを中心とする経営陣の拡充が高く評価され、世界最大手の投資信託の一つであるFidelity Management and Research Company、ライフサイエンス系クロスオーバーファンドであるForesite Capital及びRA Capital Managementなど上場企業を含めた企業に対し中長期的に継続した投資を行う大手機関投資家を中心に合計US$66 百万の第三者割当増資が完了した。

新日本科学は、WaVeが今回調達した資金並びにRA Capital Management、Foresite Capitalなどの米国バイオ市場におけるネットワークを活用して、WaVeの開発プロジェクトの充実と加速化を促進するために受託サービス面における支援を行い、同社の更なる企業価値の向上に寄与するとともに、株主としての経営支援を継続していく考え。

新日本科学

2016年5月17日

前臨床試験研究受託等を手掛ける新日本科学【2395】は、米国におけるトランスレーショナルリサーチ(TR)事業拡大を目的として、新日本科学独自の経鼻製剤基盤技術(以下「本技術」)を応用した経鼻偏頭痛薬を開発するための米国開発会社Satsuma Pharmaceuticals, Inc.(以下「Satsuma社」)を設立すると発表した。

Satsuma社は、新日本科学と本技術に関わるライセンス契約を締結し、その後、米国機関投資家から投資を受け、米国での市場規模が大きく患者ニーズに合致した経鼻偏頭痛薬(以下「DHE」)粉体製剤の商品化を目指すとしており、同社は、DHEの臨床試験を通じてProof-of-Concept(概念実証)の確認を行った後、NASDAQ上場か、製薬企業へのライセンスアウトまたは一部株式売却による共同保有などを目指す。

米国では全人口の10%に相当する約2,800万人が偏頭痛に苦しんでおり、米国の偏頭痛薬市場は2011年の時点で約3,000億円にも及び、日常生活の中で不安の種となる頭痛に速効する薬剤の開発が強く望まれている。

本技術を応用したDHE経鼻偏頭痛薬は、速やかで高い吸収が可能になるため、市場ニーズへの合致が大きく期待される。Satsuma社の設立は、すでに新日本科学がTR事業の一環として創業し、現在は重要な投資先となっているWave Life Sciences Ltd.1)「以下、WaVe社」と同様なスキームに基づくものであり、新日本科学は、Satsuma社をWaVe社に続くTR事業の成功事例として発展させていく考え。

神戸物産が反発、4月営業益76%増好感だが上値にシコリ感

業務用スーパーを運営する神戸物産(3038)が反発。午前9時30分時点では前日比59円(2.5%)高の2365円付近で推移している。前日の大引け後に4月業績を発表し、これがポジティブな内容として受け止められたとみられる。 

 個別売上高は前年同月比7.0%増の190億1400万円、営業利益は同76.0%増の8億5800万円だった。経常利益は営業外の為替差損発生などが響き、72%減の1億7000万円となった。

 株価は2月12日にボトムを打ち、3月18日には3095円まで上伸し戻り高値をつけたが、4月以降は2500円どころでの保ち合いが続いている。直近の信用倍率が267倍とかなりの買い残が積み上がっており、将来的な売り圧力を警戒して上値の重い展開が続く。「20日の値上がりで保ち合い放れできるかどうかは微妙」(市場関係者)。

らららコッペパン

https://youtu.be/HZH0D1L7p1w

 

らららコッペパン

らららコッペパン

らららコッペパン

らららコッペパン

らららコッペパン

らららコッペパン

らららコッペパン

記事検索
人気ブログランキングへ
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
スポンサードリンク