最も危険な撮影現場、

溶岩波打つ火口に30メートルまで迫って撮影された動画
 
溶岩が泡立つ火口のすぐそばまで耐火服を着て近寄っている様子を収めた動画です
 
 
これはオーストラリア北東、南太平洋に浮かぶバヌアツのアンブリム島にあるマルムカルデラで撮影されたもの。何の装備がないと6秒、耐熱スーツを着用しても40分しか耐えることができないというすさまじい環境のもと、2ヶ月かけて撮影は行われました。